TOPへ
January 21 2016 By 鈴木 理香子

男子新体操界初のプロパフォーマンスユニット『BLUE TOKYO』スポーツと芸術が織りなす表現とは

男子新体操界初のプロパフォーマンスユニット『BLUE TOKYO』スポーツと芸術が織りなす表現とは

しゃがんだと思ったら一直線に真上に跳ね上がり、全員が同一間隔に片脚を上げてバランスを取る。この整った同時性の美しさに「はっ」と息をのみ、心を持っていかれた。

男性ならではの力強さ、表現者としての美しさ、スポーツと芸術を融合させた「男子新体操」。新体操といえば女性のスポーツというイメージが先走っているが、男子がスポーツとしての美しさを競う「新体操」が改めて注目され始めている。

新体操王国、青森

青森県には男子新体操の王者・青森大学新体操部を率いる中田吉光氏や男子新体操の名門・青森山田高校を指導している荒川栄氏など、かつて青森県出身で全国大会で優勝したものが指導者になり、今もなお、その技術や思いが後世に引き継がれている。全国大会では多くの選手がタイトルを手にしている。 しかし、数年前まではその輝かしい功績も魅力も地元青森県民さえも知らず、せっかく、男子新体操の選手たちが培った技術を生かす場所は無かった。

 「男子新体操を広めたい」その思いから生まれた『BLUE TOKYO』

青森で育った男子新体操のアクロバティックな動きにダンスを掛け合わせて新たなエンターテインメントとして確立させようと、男子新体操に携わる指導者やダンサー、選手の思いが一つになり結成された『BLUE TOKYO』。メンバーは学生時代に男子新体操の全国大会でチャンピオンになった選手も多く、11人からなる。今では、CM出演や有名アーティストのバックダンサー、そしてシルク・ドゥ・ソレイユで活躍するパフォーマーを輩出するまでになった。

筆者はこの立ち上げの情熱を伝えたいと取材し、青森県内のテレビ局で伝えた。それが6年前の2010年だ。

『BLUE TOKYO』は最初から軌道にのったわけではない。

男子新体操の動きとダンスの動きには通じる点もあれば、違う動きも多く、一から習得し直すことがほとんどだった。

男子新体操はスポーツだが、ダンスはスポーツというよりもアートに近いと言えば分かりやすいだろうか。例えば、今までは真っ直ぐな動きを中心とし、選手と選手の距離間は一定を保ってきたが、ダンスに取り組む中で、体をねじったり、ふくらまして立体感を出していく動きに出合った。角張った動きに丸みを演じることができれば、より表現力の幅が広がる。

BLUE TOKYO

©MAKINO

男子新体操に全く表現が無いわけではないが、団体競技では「個」を出すことよりも「同調性」を重んじてきた。喜怒哀楽を全身で表現する練習に悪戦苦闘している時の気持ちを、男子新体操の個人総合優勝者でもあるリーダーの大舌恭平さんに聞いた。

「新体操は、いわゆる『ラジオ体操』のような屈伸運動の延長線上のものなんですが、ダンスは新体操よりも自己を表現する要素が大きく、そもそも新体操とダンスは発想が違うので、初めはダンスを教えてくださる方々が話す言葉の意味さえも理解できませんでした。表情だって、まだまだぎこちないんですよ」

 青森発エンターテインメント

初めは青森県民も知らなかったBLUE。今では、BLUEを見るためのツアーが企画され、地域全体を巻き込んだ青森県独自のエンターテインメントとして脚光を浴びている。選手だった彼らも、1人の社会人になり、昼間はそれぞれの持ち場で働き、深夜全員が揃う時間に練習している。アクロバティックな新体操を忘れずに、でも新たな境地を求めて自分たちのパフォーマンスを身に付けられて、伝わる何かを演じることができたら、それが地域の貢献につながると信じて。

センター

センターでダイナミックに踊るリーダーの大舌恭平 ©MAKINO

恭平 「自分たちの中に無かった新たな世界に挑戦し続けています。皆さんに進化した新体操を見せたいです」

荒い息遣いがスタジオに響き渡る。

研ぎ澄まされた肉体と基礎力を併せ持つ“新体操”と、高い芸術性を表現する“ダンス”。そんな新体操とダンスが織り成す空間に可能性を感じるからこそ、きっと魅了される人も増えているのだろう。

BLUE TOKYO プロフィール

BLUE TOKYO

2006全国高校総体2010団体優勝、全国高校総体個人総合優勝。2010年全日本学生選手権大会個人総合優勝の大舌恭平がリーダーを務める。また、青森山田高校出身で、現役時代には主将として全国高校選抜/インターハイ/国体の全国大会3冠を達成している荒川栄が発起人である。
所属メンバーは11名。個人、グループとして多方面で活躍している。
現在、2011年Cirque du Soleil 「MICHAEL JACKSON THE IMMORTAL WORLD TOUR」を経て高橋雄太がCirque du Soleil「VREKAI」出演中。
柴田翔平が2012年「Michael Jackson ONE by Cirque du Soleil」出演中。

BLUE TOKYO

<男子新体操とは>
男子新体操は日本発祥のスポーツで、競技人口は約1000人ほど。1949年には国民体育大会(国体)の競技種目になり、全日本選手権にも団体は1960年から、個人は1971年から登場し、その歴史は60年以上を誇る。女子新体操と比べても、さほど歴史的な差はない。また、団体個人とも音楽に合わせて演技をするが、個人ではクラブ、ロープ、リング、スティックを使った4種目、団体では6人1チームで同調性があるかなどを競う。

鈴木 理香子

鈴木 理香子 Twitter Blog

●2007年~青森朝日放送アナウンサー ●2012年~中京テレビアナウンサー (アイスショー「The ICE 」実況) ●2015年~セントフォース所属 フジテレビ ホウドウキョク キャスター 趣味はフィギュアスケート ラーメン食べ歩き

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterをフォローしよう!

前の記事へ
一覧に戻る
次の記事へ
前の記事へ
一覧に戻る
次の記事へ