TOPへ
July 25 2016 By ゆるすぽ編集部

ゆるさと情熱の間に…!/全日本かくれんぼ大会(後編)

第17回全日本かくれんぼ大会。総勢413人で行われた壮大なかくれんぼ。最後の1分まで数々のドラマが繰り広げられた。“おに”に見つかってしまい、ゴール地点へと連行された“隠れ人”に、話を聞くことができた。

――ご年齢を教えてください。

「24歳です」

うら若き女性が、なぜかくれんぼ大会に…!? 質問を続けてみた。

――全日本かくれんぼ大会に参加したのは、何回目ですか?

「3回目です。常連になりつつあります!(笑)」

――今日は、何分くらいで連行されてしまいましたか?

「20分くらい粘りました!!」

早い、早すぎる…と思ったら、皆さん意外にも5分、10分で見つかってしまう方もいるようだ。さすが、“おに”もゆる~く本気。

――“おに”はどんな相手でしたか?

「(スターウォーズの)ストームトルーパーのかぶり物をした男性です。かぶり物を脱いだらイケメンでした!!(笑)」

おっ! それは何より! かくれんぼラブに発展か!?

――楽しかったところは?

「見つけていただいた男性と話をしていて、“あっ!”となりました。まさかの、過去に参加したときに一緒に写真を撮った方だったのです!! 他にも、“去年もいてましたよね?”という会話が何度かあり、かくれんぼ大会に参加をするたびに知り合いも増えていきます!」

これはなんと! かくれんぼデスティニー(運命)!! そんなことが本当にあるとは!

このかくれんぼ大会は、毎年続いていくコミュニティーの場となっているようだ。それもそのはず。かくれんぼは、見つけたときにまず相手に話し掛けることが大前提のため、自然と仲良くなってしまうのだ! 他にも、「参加者の方々とのゆるい交流が楽しいです」「まったりした時間の流れが大好きです」という声も聞かれた。さて、戦いは幕を閉じ、いよいよフィナーレへ。閉会式では、いよいよ仮装の最優秀者が発表された!

今年の最優秀者は…、こちらのグループ!!

kakurenbo3_saiyusyusya

テーマは、『少年少女・戦国無双』

あの「真田丸」が絶賛放送中ということもあり、真田幸村や真田信之、独眼竜・伊達政宗らをモチーフにしたそうだ。最優秀賞を受賞し、次のような感想を述べていた。

「まさか最優秀賞が頂けるとは思わず、呼ばれたときにはガッツポーズが出ました(笑)。今年は他にもすごい仮装や楽しい仮装の方々がたくさんいらっしゃったので、『ホントにウチでいいの!?』と恐縮しながら舞台に上がりました。

でも、12回目の参加にしてやっとつかんだ栄光なので、すごくうれしかったです」

…じゅ…、12回目!?

全日本かくれんぼ大会は、今年で17回目の開催。かなりのベテランさんだ!

さて、全3回にわたりお届けしてきた「全日本かくれんぼ大会」。開催場所は、兵庫県の湯村温泉街。最後に、新温泉町役場温泉総合支所 地域振興課に勤め、全日本かくれんぼ協会の副会長を務める谷口さんに、湯村温泉街の魅力について教えてもらった。

kakurenbo3_zenkei

湯村温泉の源泉は98度の高温だそうで、なんと温泉水の熱で発電を行っているのだとか。日帰り温泉施設の「薬師湯」というところに発電設備があるそう。

また、かくれんぼ大会は毎年6月に開催されるが、8月には、町内を流れる春来川(はるきがわ)を囲んでたいまつの炎をかざす「湯村の火祭り」が行われる。冬に楽しめるイベントもある。湯村温泉街一帯は、冬には美しい雪景色となり、約2000本のキャンドルとともに雪像を楽しむ「ゆむら灯火の景(ともしびのえ)」が開催されている。

また、通年楽しめるイベントとして、湯村温泉街の中にある“ハートに見えるもの”を5個見つけて湯村温泉観光協会へ報告するとプレゼントがもらえる、「隠れハートを探せ」というものがある。“ハートに見えるもの”は、現在80種類以上もあるそうだ! なんと、かくれんぼ大会と「隠れハートを探せ」を同日にこなす強者もいるのだとか(笑)。

とにかくイベントに“本気”な湯村温泉街。かくれんぼ大会に参加して“かくれんぼラブ”や“かくれんぼデスティニー”を狙ってみるもよし! 「隠れハート」を見つけ出して恋愛をかなえるもよし! はたまたゆっくりと“湯”を楽しむもよし! 皆さんもぜひ訪れてみてほしい!!

ゆるすぽ編集部

ゆるすぽ編集部

“みんなでつくるスポーツニュース”をコンセプトにwebサイトを展開。(http://www.yurusupo.com/)ファン目線を大事にし、スポーツニュースで報道される以外のさまざまなスポーツネタをゆる~く紹介しています。「ボーダレス」にも記事を展開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう