TOPへ
January 30 2017 By 斎藤寿子(さいとう ひさこ)

2020年は「きっかけ」であり「スタート」 ~パラ卓球リオ日本代表・岩渕幸洋×パラカヌーリオ日本代表・瀬立モニカ(後編)

2020年は「きっかけ」であり「スタート」 ~パラ卓球リオ日本代表・岩渕幸洋×パラカヌーリオ日本代表・瀬立モニカ(後編)

練馬区生まれの岩渕幸洋選手と、江東区生まれの瀬立モニカ選手。3年後に迫った2020年東京パラリンピックは、2人にとって生まれ育った故郷で開催される世界最高峰の舞台となる。ともに目指すは「金メダル」。昨年のリオデジャネイロパラリンピックでの経験を生かし、世界の頂点に立つ。2017年は、その第一歩となる。

瀬立、海外選手との差を埋めるための決断

―― お二人とも、昨年はリオデジャネイロパラリンピックに出場し、初めて世界最高峰の舞台を経験しました。それを踏まえて、今、2020年東京パラリンピックに向かっていると思いますが、2017年はどんなシーズンにしたいと思っていますか?

瀬立: 私は、トレーニングを強化し自分を追い込むことに決めました。

パラカヌー・瀬立モニカ選手

2017年は、トレーニングに集中することを決めた瀬立。リオに向けて「勝負の年」だという。

―― 今まで以上にトレーニングをしようと思った背景には何があったのでしょうか?

瀬立: 年末に体調を崩した時、横になっているしかなくて、逆にいろいろと考える時間ができたんです。海外選手との違いを考えた時、1回1回の練習の質は劣っていないなと。むしろ日本の方が質の高い練習をしていると感じています。日本ではコーチが「この時期はこういう練習が必要」ということで、細かくメニューを決めて指導してくれるのですが、海外はそれほどきちんと練習メニューが組まれていないんです。じゃあ、何が違うのかといえば、海外の選手は毎日カヌーを漕ぐことのできる環境にいるのに対し、私が漕ぐ練習ができるのは、普段は週末だけに限られている。そうなると、このままでは海外との差はいつまでたっても埋まらないなと。熱にうなされながら、そういった不安が襲ってきたんです。それで今年は今まで以上に練習の量を増やそうということに決めました。

―― 岩渕選手は、海外との違いをどう感じていますか?

岩渕: ヨーロッパを中心に、海外ではプロで活動している選手が多いので、練習環境などはしっかりと確立されている感じですね。一方、日本では以前と比べると、競技に時間が費やせるようにはなってきていますが、基本的には会社員として企業で働きながら、競技活動をしている選手がほとんどです。その中で、僕は4月から実業団チームがある企業に所属して、会社員として働きながらではありますが、競技活動を優先にしていただける環境を与えていただくので、すごく恵まれているなと思っています。そういう自分がリードして、早く日本でも海外のような環境を整えられるようにしていきたいと思っています。

―― 練習の質に関しては、いかがでしょうか?

岩渕: 瀬立さんの話を聞いて、パラカヌーでは専任のコーチがついて細かく指導してくださっているということで、すごくうらやましいなと思いました。国際大会に行くと、海外のチームにはいつも同じコーチが帯同しているので、パラ卓球の専任の指導者がいるのだと思います。でも、日本のパラ卓球では、専任コーチというのはほとんどいなくて、選手自らが練習メニューを考えて、大会も一人で行きます。もちろん自分で考えることは大事だと思いますが、やっぱり客観的な視点というのも必要だと思うんです。ですので、今後はそういう体制もつくっていきたいなと考えています。

―― リオパラリンピックでは、試合の戦略などはどうされていたんですか?

岩渕: 僕は昨年4月から個人的に少し見ていただいていたコーチがいたので、その方に開幕前には相談したりしましたが、現地ではアドバイスしていただける方や練習相手がいなかったので、一人で考えざるを得なくて、結構難しい部分がありました。

岩渕、リオで感じた「手の内を見せない」重要性

―― 練習環境という点では、それぞれいかがでしょうか?

瀬立: 筑波大学にはカヌー部があることはあるのですが、強化指定クラブから同好会に降格してしまうほど、人数が不足しているんです。近くに練習環境もないので、練習は週末に江東区の河川敷で行っています。

岩渕: 僕は、早稲田大学の卓球部に所属していて、普段は健常の選手たちに交じって練習をしています。早大卓球部は日本選手権で上位に入るような選手もいて、レベルが高い一方で、スポーツ推薦だけでなく、一般入試で入ってきた選手もいたりと幅広いんです。僕自身、とてもやりやすかったです。4月からは実業団に入るのですが、そこは健常の方の国内トップ選手だけしかいなくて、6人という少数精鋭なんです。そこで自分がどれだけやっていけるかというのは、不安な部分もありますが、楽しみでもあります。

パラ卓球・岩渕幸洋選手

4月から実業団で自身の技に磨きをかける岩渕。体得した「手の内」は「勝負」前には見せない戦略も考えている。

―― 社会人としてスタートを切る2017年は、岩渕さんはどういうシーズンにしたいと考えていますか?

岩渕: 2020年までを考えた時に、2017年、2018年はどんどん試合に出て、経験値を上げていくシーズンにしていこうと考えています。逆に、パラリンピックイヤーの前の2019年からは、徐々に試合の数を減らしていって、なるべく手の内を見せないようにした中で、2020年の本番を迎えたいと思っています。

―― そういうプランを立てた理由とは?

岩渕: 昨年のリオで感じたのは、海外選手との仕上がり方の違いだったんです。ふだんの国際大会は「遊びだったのか」と思えるくらい、パラリンピックでの彼らの戦い方は変わっていました。ふだんは「それは入らないだろう」と思えるようなトリッキーな技を出したりすることがあって、入ればスーパープレーになるのですが、当然ミスになることも少なくないんです。ところが、リオではそんな「遊び」とも思えるトリッキーな技は一切せず、確実なプレーに終始していました。それに加えて、パラリンピック出場権を取るのに必死でポイントを取って、世界ランキングを上げるために、たくさんの試合に出場していた僕とは違い、海外の選手は少し出場数を落としているんです。そうすると、海外の選手には僕の手の内はすべて見せてしまっているのに、逆に僕の方は久しぶりに対戦した選手にとまどったり、という状況が生まれていました。僕のようなパワーで押すのではなく、戦略・戦術で勝負するタイプの選手はなおさら手の内を見せないようにして、どれだけ相手を驚かせるかということが重要になってくるはずなので、2020年には少し試合数を減らした状態で入りたいなと思っています。

東京パラリンピックの「真の勝負どころ」は2020年以降

―― 日本では2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定して以降、パラリンピックへの注目度もどんどん高まってきています。こうした変化については、どう思っていますか?

岩渕: 僕自身、リオで他の競技を見た時に、本当にスポーツとしての面白さを改めて感じることができたので、2020年東京では、自分がそういうふうに感じてもらえるような試合をしたいなと思っています。それと、やはりパラ競技に興味を持ってもらうということが大事になってくると思っていて、そういう意味では2020年がスタートになると思うので、しっかりとそこで結果を出して、そこからさらにパラ競技を盛り上げていくようなかたちにしたいと思っています。

瀬立: 私は自分の周囲の変化をすごく感じています。3年前にケガをした時は、周りはみんな「大丈夫?大丈夫?」と心配してくれて、体育も私が「やりたい」と言っても、「危ないから」と言って見学をさせられたりして、すごく窮屈さを感じていました。でも、東京が決まってからは、メディアに取り上げてもらうことが増えて、周囲が私を見る目が変わってきたと感じることが多くなりました。

―― 具体的にどんなふうに変化してきているのでしょうか?

瀬立: 以前はただ「かわいそう」という弱いイメージしかなかったのが、逆に「筋肉すごいね」とか強いイメージを持たれるようになったんです。本来、女の子であれば、それはうれしくない言葉かもしれないのですが、私はそういう強く見られることがとてもうれしいし、幸せを感じているんです。それと、私という存在がいることで、高校や大学の友人がパラリンピックに興味を持ってくれるようになることが増えましたし、大学の授業では「モニカはこれはできないけど、どうしたら一緒にできるか」ということをみんなで考えてくれるんです。教師を目指している学生も多いので、将来教師になった時に、自分のクラスに障がいのある子どもが入ってきた時にも役立つのかなと思いますし、そういうことを考える機会が増えていくことで、2020年以降にもつながっていくんじゃないかなと思います。

岩渕: これまでは僕たちに対して「助けてあげよう」というふうに一方通行だったのが、パラリンピックというものを知ってもらうことで、僕たちがどれだけできることがあるかということをアピールするきっかけにもなっているのだと思います。障がい者にとっても、自立するチャンスなんじゃないかなと感じています。

―― 選手の目線から見て、2020年以降、日本の社会がどんなふうになっていってもらいたいと思っていますか?

岩渕: 今、障がい者スポーツに対して、国をはじめ、さまざまなバックアップがなされていますが、あと3年で完璧に体制が整うなんてことは不可能だと思うんです。ですので、2020年を一つのきっかけとして、それ以降も継続して行っていくことが重要だと思うのですが、そのためにはボランティア体質ではなく、ビジネスとして成立するようにしなければいけないのかなと。そういう意味では、2020年東京パラリンピックが終わってからの方が実は日本にとっての「勝負どころ」なんじゃないかなと思っていますし、自分のような若い世代が引っ張っていかなければいけないと思っています。

瀬立: 今回のリオがいい例だと思うのですが、開幕するまでは「ほとんど興味を示されていない」とか「チケットの売れ行きが悪い」というふうに言われていたのに、実際開幕してみると、やっぱり自分たちの国で世界最高峰のパラリンピックが開催されるってすごいことなんだということに、ブラジル人も気付いたと思うんです。私自身も「パラリンピックって、開催都市だけでなく、国民的行事なんだな」ということに、開幕してから気付きました。こういうことって、実際にパラリンピックが開幕してからわかることなのかなと。ということは、日本でもパラリンピックやパラ競技が本当の意味で浸透し、確立されるのは、2020年以降なのだと思います。リオで出会ったブラジル人選手たちのブログを見ても、パラリンピック以降、マイナーだったパラカヌーの体験教室が小学校で開かれていたりしていて、すごく変化を感じるんです。日本も2020年はひとつのきっかけであって、それ以降に動きが見られるのかなと思います。

左からパラカヌー・瀬立モニカ選手、パラ卓球・岩渕幸洋選手

リオを経験して、パラリンピックの面白さを実感したという二人。日本でも「開催」後が「勝負どころ」になると考えている。

健常とパラが「同じ競技」として確立されているカヌー界

―― リオパラリンピックでは閑古鳥が鳴く状況になるだろうと予想されていたのが、開幕後はどんどんチケットが売れて、結果的には大変な盛り上がりを見せました。やはり選手にとっても観客が多いとモチベーションが上がるのではないでしょうか。

岩渕: そうですね。緊張はしますが、やはり多くの観客がいる中でプレーしたいというのは、選手みんなが思っていることだと思います。でも、現状では国内での大会では、ほとんど観客はいません。そもそも、スタンドがない会場でやることも少なくなくて、「見に来てください」と言えるような環境ではないんです。ただ、今の組織体制では大会を開催するだけで精いっぱいで、ほかのところにまで手が回らない状況だと思います。そういうところも、2020年をきっかけにして改善していきたいですね。

瀬立: その点、パラカヌーは恵まれていて、世界選手権も日本選手権も、パラと健常者の大会が一緒に行われるんです。日本ではカヌー自体がマイナーなので、観客も少ないのですが、海外で人気のある国、例えばハンガリーやイギリスなどで開催される世界選手権では、観客がたくさん見に来てくれるんです。それに、選手同士の交流も盛んに行われていて、日本でも健常の方の指導者から、私たちパラの選手がアドバイスをもらえたりしますし、世界ではお互いに練習環境の情報交換をしたりすることもあるんです。

―― 卓球界では、健常とパラの横のつながりというのはあるのでしょうか?

岩渕: いえ、まったくといっていいほど交流がないのが現状で、ましてや大会を一緒にするなんてことはないですね。やっぱりパラ卓球に対して、一番入りやすいのはふだんから卓球を見ている方々だと思うので、個人的にぜひ同じ大会でやってもらえたらなと思っていたんです。それが既にカヌー界では確立されているというのは、驚きですし、うらやましいなと思います。

―― 昨年10月7日には、史上初となるオリンピックとパラリンピック合同で、メダリストたちの凱旋パレードが行われました。約80万人の人たちが銀座を埋め尽くしたわけですが、このパレードの様子はどう映りましたか?

瀬立: 当日は、車内のカーナビで少し見ました。正直、最初は見たくないなと思っていたのですが、どのチャンネルもパレードしかやっていなくて、「もうこれはしょうがないな」と(笑)。渋滞で車が止まるたびに、画面で見ていたのですが、やっぱり「あぁ、自分もいたかったな」という悔しい気持ちはありました。でも、「自分にとって一番メインだと思っている2020年の時に必ず立つぞ」という原動力にもなりましたね。

岩渕: 僕は自宅のテレビで見ていました。自分もパレード車に乗るつもりで、リオ前からその日の予定はしっかりと空けておいたんですけどね(笑)。残念ながら今回は乗れませんでしたが、オリンピックとパラリンピックが一緒にやれたというのは、すごくうれしいことだなと。ふだんは交流がないからこそ、オリンピックの卓球選手と一緒に、あの場に立ちたかったなという思いで見ていました。

―― 2020年東京パラリンピックに向けて、「挑戦」のシーズンでもある2017年の目標を教えてください。

岩渕: 5月に団体戦だけでの世界選手権が初めて行われるので、そこでメダルを獲得することと、来年行われる4年に一度の世界選手権に向けて、アジア選手権で上位に入りたいと思っています。

瀬立: リオの後、コーチと一緒に東京までのプランを立てたのですが、今年から来年にかけては下地をつくるということをテーマにして、体づくりを行っていきたいと思っています。すべてのベースとなる体づくりがきちんとできるか否かで、その後が決まってくるといってもいいと思うので、今年は本当に大事な1年になります。

―― 最後に、それぞれの競技の見どころ、自分自身の強みを教えてください。

岩渕: パラ卓球ならではの見どころとして、選手にはそれぞれ異なる障がいがあって、相手はそこを突くというのが戦略のひとつとなっています。一般の人からみれば「かわいそう」と思うかもしれませんが、勝負の場ではそういうことは一切ありません。それ自体が見どころとなっていて、攻められる一方ではなく、各選手は障がいの部分をカバーするだけの高い技術を持ち合わせているので、お互いに駆け引きしながらやっている部分を楽しんでもらえると思います。自分自身は、脚に障がいがあるので、オリンピック選手のように卓球台から下がって大きな動きのあるプレーはできないのですが、その分、台に近づいて相手との距離を縮めることによって、速い展開の卓球をしているので、その部分を見てもらいたいなと思っています。

瀬立: パラカヌーは200mのストレートコースを漕ぐ「スプリント」のみで、相手との駆け引きや細かい戦術というよりは、ひたすら必死に漕ぐしかないのですが、そういう単純な動きだからこその難しさがあります。いかにパドルを効率よく前に出せるかとか、力を抜くべきタイミングで抜けるかというところが重要になってきます。ただ、見ている人にはなかなかわからないと思うので、陸上の100mと同じく、シンプルに速さを競うスポーツとして楽しんでもらえたらなと思います。自分自身のアピールポイントは、とにかくスタートに強い意識を持っているので、いかにタイミングよくスタートを切れるかどうかを見てもらえたらうれしいです。

左からパラカヌー・瀬立モニカ選手、パラ卓球・岩渕幸洋選手

全ての基本となる“ゴリゴリした体づくり”を決意する瀬立選手(左)と、座右の銘「絶対は絶対ない」を掲げた岩渕選手。2020年を見据えた二人の旅路は、もう始まっている。

―おわり―

前編はこちら

(構成・斎藤寿子、写真・越智貴雄)

斎藤寿子(さいとう ひさこ)

斎藤寿子(さいとう ひさこ)

新潟県出身。大学卒業後、業界紙、編集プロダクションを経て、2006年からスポーツ専門Webサイトで記事を執筆。主に野球、バレーボール、テニスを担当。2011年から取材を始めた障がい者スポーツでは、パラ競技を中心に、国内大会をはじめ、2012年ロンドンパラリンピック、2014年仁川アジアパラ競技大会、2016年リオデジャネイロパラリンピックなどを取材。2015年からフリーライターとして活動している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterをフォローしよう!

前の記事へ
一覧に戻る
次の記事へ
前の記事へ
一覧に戻る
次の記事へ