TOPへ
April 22 2017 By 伊澤佑美(いざわゆみ)

鈴木大地長官、初めての10キロマラソン完走 〜ワールドマスターズゲームズ2017〜

鈴木大地スポーツ庁長官

Photo by Hirokazu Tomioka

大会2日目、22日の朝7時半、まだ夜が明けきらないニュージーランド・オークランドで、ワールドマスターズゲームズ(WMG)の10キロマラソンが行われた。日本人を含む約370人の参加者が、号砲と共に喚声を上げながらスタート。その中には、スポーツ庁の鈴木大地長官の姿もあった 。

普段から6、7キロのジョギングは行っているが、それ以上の距離を走るのはおそらく初めて、と話す鈴木長官。スタート前は、「楽しんで走りたいです」と話し、目標を聞かれると、「ニュージーランドだけに、9位(キウイ/kiwi)です」と笑いを誘う余裕を見せていた。

スタート後、しばらくはスピードに乗って快走していたが、後半に差しかかると、「ここから先は(走ったことがない距離なので)、未知の領域だ」と、少し苦しそうな表情も見せた。

しかし、沿道から「Go Japan! Yeah! Yeah!」「Well done!」などと声をかけられると、両手を挙げて声援に応え、最後まで力強い走りを見せた。

鈴木長官は、初めての10キロマラソンを1時間02分03秒でフィニッシュ。ゴール後は、「ゆっくり入って、後半に上げる作戦だったのですが、前半ゆっくり、後半はもっとゆっくりになってしまいました。でもベストを尽くしました」と、額に汗を光らせながら話した。

ワールドマスターズゲームズ2017 10kmマラソンでゴールする鈴木大地長官

「もともと水泳選手の私が、10キロマラソンにチャレンジしたことに、マスターズの面白さや良さがあると思います。自分が得意でなくても、好きなスポーツに参加していいんだって思っていただきたいです。日本では、2019年にラグビーワールドカップ、2020年に東京オリンピック・パラリンピックと続き、観戦したり支えたりする大きなスポーツイベントが続きますが、2021年の関西で行われるマスターズでは、みんなで参加するスポーツイベントになればいいなと思っています」(鈴木長官)

鈴木大地スポーツ庁長官

Photo by Hirokazu Tomioka

鈴木長官が専門外の10キロマラソンにチャレンジしたように、ここWMGでは、「好き」の一心でさまざまな競技にチャレンジするスポーツ愛好家たちがいる。競技によっては、レベルごとにカテゴリーが分かれており、初心者でも楽しんで参加できるのがWMGの特徴だ。

大会はまだ始まったばかり。元プロや、セミプロ、アマチュアが交じり合って起こす、さまざまなドラマに注目していきたい。

 

参考:「ワールドマスターズゲームズ(WMG)」とは

国際マスターズゲームズ協会(IMGA)が主宰する、生涯スポーツにおける世界最高峰の国際総合競技大会。オリンピック・パラリンピック同様、4年に一回開催されており、原則30歳以上のスポーツ愛好者であれば、誰もが参加できる。第一回大会はロサンゼルスオリンピックの翌年、1985年にカナダのトロントで行われた。

第9回大会となる2017年は、ニュージーランド・オークランドで開催中(4月21日から30日まで)。オークランド大会では、28競技45種目が行われる予定で、およそ100カ国から約2万6千人が参加する。

2021年の第10回大会は、アジア初となる関西で開かれる。

(文/伊澤佑美)

※当記事は、「ワールドマスターズゲームズ2021 関西」との提携コンテンツです。

伊澤佑美(いざわゆみ)

伊澤佑美(いざわゆみ)

PRプランナーであると共に、東京を拠点にライター・編集者として活動中。スポーツ取材から食レポ、旬ネタまで、幅広い分野の情報を発信している。フルマラソン4年目にして、サブ4を達成したファンランナー。 ※東洋経済オンラインでもコラム執筆中

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterをフォローしよう!

前の記事へ
一覧に戻る
次の記事へ
前の記事へ
一覧に戻る
次の記事へ