TOPへ
April 23 2017 By 斎藤寿子(さいとう ひさこ)

スポーツで広がる「仲間の輪」 〜ワールドマスターズゲームズ2017〜

ワールドマスターズゲームズ2017 ラグビー

ワールドマスターズゲームズ2017 ラグビーのピクチャーギャラリーはこちら

ワールドマスターズゲームズ2017(WMG)大会3日目、LLOYD ELSMORE PARKではラグビーの試合が行われた。広い敷地に用意された5面のコートでは、それぞれ熱戦が繰り広げられていた。いずれのチームも屈強な体つきの選手ばかりで、まさに「ラガーマン」。たくましい選手たちが力強いプレーを見せる横では、子どもたちが観戦しながらラグビーボールを投げて遊んでいた。それは、ラグビーが国技として愛されるニュージーランドらしさそのものだった。

ワールドマスターズゲームズ2017 ラグビー

地元ニュージーランドのチーム、NORTH WESTERN ALLIESと対戦したのは、オーストラリアから参加したVICTORIAN STATE MASTERS RUGBY。今大会のために結成されたチームで、試合前日に初めて会ったメンバーもいたという。「誰がどんなプレースタイルなのか、わからないよ(笑)」と、ゲーム前に語っていたキャプテンだったが、その表情は穏やかで、何の不安も感じていない様子だった。

その理由は、ゲームが始まるとすぐにわかった。開始のホイッスルと同時に、彼らは「仲間」となり、そこにはすでにひとつの「チーム」の姿があった。

ワールドマスターズゲームズ2017 ラグビー

ワールドマスターズゲームズ2017 ラグビー

ワールドマスターズゲームズ2017 ラグビー

「昨日初めて会った人たちもいるけれど、ラグビーへのスピリッツはみんな一緒。だから、会ったばかりでもやれるんだよ」

心と心が通じ合うーーそれがスポーツ、という光景が目の前に広がっていた。

キャプテンによれば、現在は全員がメルボルン在住だが、出身地はさまざまでグローバルなメンバー構成なのだという。ふだんはそれぞれのチームでラグビーを楽しんでおり、ラグビーへの情熱は若い頃と全く変わっていない。

ワールドマスターズゲームズ2017 ラグビー

試合後には、相手チームのキャプテンとマオリ族の挨拶「ホンギ(hongi)」を交わし合った。「ホンギ」は「互いを受け入れる」という意味を持ち、そこにはWMGの真の姿があるように感じられた。

昨日会った人も、対戦相手も、みんな「スポーツを愛する仲間」。WMGでは、そんな仲間の「輪」が広がっていく。

ワールドマスターズゲームズ2017 ラグビー

参考:「ワールドマスターズゲームズ(WMG)」とは

国際マスターズゲームズ協会が主宰する(IMGA)、生涯スポーツにおける世界最高峰の国際総合競技大会。オリンピック・パラリンピック同様、4年に一回開催されており、原則30歳以上のスポーツ愛好者であれば、誰もが参加できる。第一回大会はロサンゼルスオリンピックの翌年、1985年にカナダのトロントで行われた。

第9回大会となる2017年は、ニュージーランド・オークランドで開催中(4月21日から30日まで)。オークランド大会では、28競技45種目が行われる予定で、およそ100カ国から約2万6千人が参加する。

2021年の第10回大会は、アジア初となる関西で開かれる。

(文/斎藤寿子、写真/James Yang)

※当記事は、「ワールドマスターズゲームズ2021 関西」との提携コンテンツです。

斎藤寿子(さいとう ひさこ)

斎藤寿子(さいとう ひさこ)

新潟県出身。大学卒業後、業界紙、編集プロダクションを経て、2006年からスポーツ専門Webサイトで記事を執筆。主に野球、バレーボール、テニスを担当。2011年から取材を始めた障がい者スポーツでは、パラ競技を中心に、国内大会をはじめ、2012年ロンドンパラリンピック、2014年仁川アジアパラ競技大会、2016年リオデジャネイロパラリンピックなどを取材。2015年からフリーライターとして活動している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterをフォローしよう!

前の記事へ
一覧に戻る
次の記事へ
前の記事へ
一覧に戻る
次の記事へ