TOPへ
August 21 2017 By ゆるすぽ編集部

自らウルトラマラソン大会「Hot Hot 2017」をプロデュース!/マラソンランナー原公輔

2017年6月3日、あるマラソン大会を主催するプロデューサーが誕生した。

その名は、原公輔さん(35歳)。このBORDERLESSでもたびたび取材してきたウルトラマラソンの市民ランナーである。東京から新潟まで4日間かけて走る日本横断「川の道」フットレース520kmで優勝経験もあり、スポンサーであるカレーショップの走る広告塔としてカレーを飲みながら走るという、異色のランナーだ。

▼前回までの記事
日本を横断!? 東京―新潟を走破! ウルトラマラソン原公輔①
カレーを飲んで走るアスリート。ウルトラマラソン原公輔②
自分で走るだけでなく、大会もプロデュース!/ウルトラマラソン原公輔

その原さんが、今回は大会プロデュースに挑戦したのである。自らもランナーとして参加していた「Hot Hot 100K」レースだが、残念ながら昨年で運営をやめてしまったこの大会を引き継ぎ、自分なりにプロデュースした。今回からは、小田原−大手町の箱根駅伝とほぼ同じコース(83km)を走るウルトラマラソン部門に加え、ハーフ部門、4区間をタスキで繋ぐ駅伝部門の3つで開催。朝7:00に小田原駅をスタートし、平塚、戸塚、鶴見のエイドを通過し、ゴールの大手町にはおおよそ17:00ごろランナーが到着し始めるというもの。

hothot2017_01

右が原公輔大会プロデューサー

6月3日(土)、いっぱいの青空が広がる中、10時間を超えるレースがスタートした。

hothot2017_02

hothot2017_03

大会プロデューサーの原さんは、友人・知人のボランティアと一緒にクルマでランナーの荷物を運んだり、エイドでの飲み物や軽食などを用意したりと、自身もマラソンランナーであるものの、今回は自ら激走するのではなく、運営側として奔走した。プロデューサーは初めてのことであるため、もちろん苦労はいろいろとあったようだが、初めての大会はケガや事故もなく無事終了を迎えた。

hothot2017_04

そして、この大会の特徴は、なんといっても“アフターパーティー”である。原さん自身たってのアイデアで、「走り終えたみんなで飲みたい!」という願望を実現させたものだ。しかも場所は、自身のスポンサーになってもらっているカレーショップ「もうやんカレー大手町店」。よくできたコース設計である!

19:00、アフターパーティーは、大会プロデューサー・原さんの掛け声でスタート。

「みなさん、今日はお疲れさまでした。この大会は、マラソンとこのアフターパーティまでがセットです!乾杯!!」

hothot2017_05

参加者の半分以上が参加したアフターパーティーは、たくさんの笑顔が溢れるものだった。

hothot2017_06

hothot2017_07

約70人でアフターパーティー!

走った参加者からは、「サイコー!」「楽しい!」という声がたくさん聞かれた。

21:30、トップランナーから遅れること約5時間。最後に到着したランナーは、アフターパーティー真っ盛りのみんなに笑顔で出迎えられた。

某自動車メーカーの自動運転技術を開発しているエンジニアの髙島さん。原さんとは3年前くらいからのランナー仲間。以前、偶然にも原さんの隣のマンションに住んでいたという縁で仲良くなったという。35歳、家庭もあり、仕事も忙しいため、なかなか練習はできないというが、自身ウルトラマラソン初挑戦でありながらも、原さんの初プロデュース大会ということで駆けつけたという。

hothot2017_08

また、スタッフとして参加した友人の佐々木さんにも話を聞いてみた。

「ご苦労さまですと、ランナーに声をかけていただいたり、とっても楽しかったです」

hothot2017_9

「でも、原ちゃんは異常です。MRの仕事しながら、ウルトラマラソン走ったり、しかもレースを主催するなんて異常ですよ(笑)」

やはり異色、いや異常なランナーである。そんな原プロデューサーに話を聞いてみると、「規模は小さいですが、どこにも無い大会をつくれたと思います!」と、自信を持って答えてくれた。お酒大好きな原さん、今日はさぞ楽しそうに飲んでるだろうと尋ねると、「実は今日、荷物を運んだりするんでクルマで来てて…」と大会運営者としての裏側を教えてくれた。自ら企画したマラソンとセットのアフターパーティーで飲めないとは、さぞかし残念だろう。

「いや、明日レースなんですよ!」

な、なんと⁉今日、自身初めての大会をプロデュースして、明日はレース⁉ なんというバイタリティー!そう感じていると、さらなる衝撃のコメントが‼

「しかも、20kgのジャリを背負って、山中を走る駅伝なんです!」

は、は、は、原公輔、恐るべし!

やがてパーティーも終了を迎え、ランナーたちは、また次のレースでの再会を約束して帰って行った。ウルトラマラソンは一人での参加が多く、しかも長い距離を走るため、途中で並走したり、一緒に休んだり、達成感も一緒に分かち合える。ゆえに、ランナー同士は仲良くなるという。それでいろいろな大会に出場していると、「あ、前に一緒に走った人だ!」といった感じでさらに仲良くなるという。つまり、このアフターパーティーは理にかなっているわけだ。プロデューサーとして企画も秀逸だった!

翌日、原さんのfacebookには…

「丹沢ボッカ駅伝。20キロのジャリを背負って山を登り繋ぐ駅伝に参加させてもらいました。コンタクトが落ちたのにも気づかず、どうやってザック渡したか覚えてないくらいキツすぎ。キツかった分、終わった後の打上げはサイコーでした! タフすぎです。でも面白いですよ!」

それを見て、原さんに連絡してみると、「前日の分まで飲みました!」と。自分の想像を超える人を発見したときの喜びを感じつつ、いろいろな意味で、安堵したのだった。

hothot2017_10

ゆるすぽ編集部

ゆるすぽ編集部

“みんなでつくるスポーツニュース”をコンセプトにwebサイトを展開。(http://www.yurusupo.com/)ファン目線を大事にし、スポーツニュースで報道される以外のさまざまなスポーツネタをゆる~く紹介しています。「ボーダレス」にも記事を展開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう