TOPへ
August 24 2018 By TheBORDERLESS

胃に負担をかけにくい爽やかスムージー〔スポうまレシピ〕

縲仙・逵溘€・縲舌せ繝繝シ繧キ繧吶・縲・縲先ィェ縲・IMG_3054

トライアスリートであり、コンディショニングに重要な「食」の専門家でもある料理研究家・高橋善郎氏が、材料費500円以内でできるスポーツをする人に向け、美味しく栄養価のある「スポうまレシピ」を考案。

自身が競技やトレーニングに励むからこそ、体に必要な栄養が摂れておいしい料理を作れるのだ。今回は、連日続く猛暑の中で飲みやすいスムージー。

食欲がなくてもこれならOK!

「ジメジメして食欲が・・・」「忙しいから今日の朝食はパスで・・・」
この時期はそんな方が特に多いのではないでしょうか?
今回はそんなときでも簡単に作れる「2種グレープフルーツのソルトスムージー」のレシピをご紹介!

爽やかな酸味と優しい甘みがクセになる簡単スムージーは、見た目も鮮やかなのでついつい飲みたくなる気持ちにさせてくれます。やっぱり口にするものは色味も大事にしたいもの。

僕自身、トレーニングするときの朝食はもともとバナナ1本とコーヒー、エネルギーバーなど軽めに食べることが多かったのですが、最近はフルーツも意識して食べるようにしています。バナナやりんごをはじめ食べやすいものが多いですが、つり防止や疲れを早くとるためにグレープフルーツやキウイなど酸味のあるものが最近のお気に入り。

グレープフルーツは手でむくと少し時間もかかる部分もありますが、包丁である程度のところまで切って、スムージーにしちゃうとものすごく楽ですし、市販のグレープフルーツジュースとはまた違ったおいしさや食感があるので朝からスッキリした気分に。
トレーニングするときのバナナは効果的ですが、固形物なので多少なりとも胃に負担がかかりますので、より胃に負担をかけにくいスムージーはひとつの選択肢としてもオススメなんです。

汗と一緒に流れる鉄分補給も同時に

スポーツをする人が実は見落としがちなのが、汗とともに「鉄分」も一緒に流れ出るということ。
スポーツをする人にとっては水分と塩分の補給はマストですが、鉄分も補給しないと貧血になりやすくなってしまうんです。

グレープフルーツに含まれるビタミンCやクエン酸は鉄の吸収を促進するので貧血には効果的。なので、今回のスムージーはグレープフルーツと水をベースに、塩を混ぜて、ミネラルも補給できるようにしています。

室内トレーニングが多い人はこの時期「隠れ冷え性」にも気をつけたいところですが、この隠れ冷え性の原因も貧血がそのひとつ。貧血が改善できれば隠れ冷え性の防止にもつながりますし、しょうがは隠れ冷え性にも効果的なのでアクセントに少し加えると◎。

今回は酸味とのバランスをとるためにはちみつを加えてマイルドな仕上がりに。
はちみつがなければ砂糖でもOKですし、ちょっと気分を変えたいときは、水を炭酸水に変えると気分もリフレッシュ!
フレッシュな酸味を味方につけて疲れ知らずな毎日を。

縲舌せ繝帙z繝シ繝・ぅ繝ゥ繧、繝輔&縺セ縲・FullSizeRender

材料と作り方

【材料(2人分)】調理時間:約5分 材料費:約250円
・ピンクグレープフルーツ:1/2個(100円)
・ホワイトグレープフルーツ:1/2個(100円)

A-水:150ml
-はちみつ:大さじ1(40円)
-しょうが(すりおろし):小さじ1/2
-塩:ふたつまみ

【作り方】
①グレープフルーツは薄皮の部分までむく(もしくは包丁で切る)。
②ミキサーに1、Aを入れ、撹拌し、器に盛り付ける。

縲仙・逵溘€・縲舌せ繝繝シ繧キ繧吶・縲・縲先ィェ縲・IMG_3062

 


<高橋善郎(たかはし・よしろう)>

料理家/トライアスリート(エイジグループ30~34歳男子日本代表)

【保有資格】
日本酒学講師 / 唎酒師(ききさけし) / ソムリエ / 野菜ソムリエ / ジュニアアスリートフードマイスター / 調理師免許 / 食品衛生責任者/ビアアドバイザー

1988年神奈川県生まれ。実家が料理店を営んでいる影響で、小さい頃から料理と身近に接する。大手食品メーカーを経て、料理家として活動中。一方、トライアスリートとして数多くの大会に出場し、エイジグループの日本代表にも選出される。「食」×「スポーツ」の普及に力を注いでいる。

TheBORDERLESS

TheBORDERLESS Facebook Twitter

The BORDERLESS(ザ・ボーダレス)編集部です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう