TOPへ
December 03 2018 By ヘルめし編集部

【予測カロリー716kcal】新橋路地裏の隠れた逸品。リンゴとサーモンのサラダ

DSC_1120

新橋駅日比谷口前交差点にほど近い路地裏にある、レリッシュ ワークス デリカテッセン。静かにランチを楽しみたい時、親しい人とこっそり訪れたい時。きっと綺麗で美味しい一品が舌を楽しませてくれるだろう。

ハーブが爽やか。サッパリしているのに奥深い、複層的な味わい。

DSC_1121注文したのは「スモークサーモンとハーブ・リンゴのサラダ」。口に含んだ途端スモークサーモンの薫香が広がる。そして、ハーブの爽やかな残り香。香りの緩急がたまらない。咀嚼していると、レタスのシャキシャキとした食感に、サーモンの塩気、リンゴの甘みが重なってくる。それらをオリーブオイルが調和している。食材の配分が実に良いバランス。

そして二口目。今度は味が変わリ、ほどよい酸味でさらに食欲が刺激される。ドレッシングが複数使われており、飽きさせきない工夫が感じられた。最後まで取っておいた半熟卵を割って野菜に絡ませると、黄身のコクがサーモンと実によく合う。皿に残ったソースを温かいパンにつけてパクリ。クロワッサンならではのバターの香りとサクサク感、そして甘みはまるでデザートのよう。完食するのが名残惜しい一品だった。

 

甘いのにヘルシー。栄養豊富でお肌にも良いニンジンは働く人の味方。

DSC_1130
「大きな声では言えないけど、もう大人なのにいまだにニンジンが苦手」。こういう人、実は結構いるのです。しかし、大人にこそ食べて欲しいのがニンジンだ。ニンジンといえばβカロチン。βカロチンは体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を健やかに保つ効果がある。さらに、免疫機能も正常に保ってくれる。疲れが肌に出やすい人、風邪を引きやすい人にうれしい栄養素なのだ。

このβカロチン、ニンジンにはふんだんに含まれているので、少量で必要量を摂りやすい。熱を加えたり油と一緒に摂ると吸収率がグンと上がるので、料理にも使いやすい。幸い一年を通して手に入りやすい食材なので、マメに口にしたいところ。ただし、皮を捨てるのはもったいない 。中心部と皮側では、皮側の方が栄養豊富だという。自分で調理するときは丁寧に洗って土を流しとり、ぜひ皮ごと使うのがおすすめ。残留農薬などが気になる人は無農薬栽培、減農薬栽培の物を選ぶという方法もある。

 

【店舗プロフィール】
店名:レリッシュ ワークス デリカテッセン
電話:03-6268-8788
住所:東京都港区新橋 1-17-6
今回のメニュー: スモークサーモンとハーブ・リンゴのサラダ 1000

【本記事に関するご注意】
・メニューは仕入れ状況や季節によって、予告なく変更、提供中止されることがあります。あらかじめご注意ください。
・予測カロリーは、編集部が文部科学省「食品成分データベース」を参考に算出したものであり、あくまで予測値となり実態と異なる可能性があります。また、同データベースに掲載されていない食材や測定不能な調味料などのカロリーについては、近似する食材のカロリーを参考に、公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション監修の下で予測算出しております。メニュー提供店舗が公開しているものではありません。
・本記事の内容はすべてThe BORDERLESS編集部の取材に基づくものであり、メニュー提供店舗が一切の責任を負うものではありません。
監修:公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション

 

ヘルめし編集部

ヘルめし編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう