TOPへ
November 21 2018 By ヘルめし編集部

【予測カロリー266kcal】根菜、緑黄色野菜たっぷりのスーパーフードサラダ。

DSC_0336

今回紹介するのは、チャヤマクロビ汐留店の「農園野菜とスーパーフードの15品目サラダ」。普通のサラダに飽き気味の人には嬉しい、変わりダネ野菜満載のサラダだ。

鮮やかな彩り、濃厚な味わい。噛むほどに栄養をいただいている実感。DSC_0351 (1)

このサラダ、まずその鮮やかさに驚く。赤、黄、白、黒、緑。実に多種多様な食材が使われている証拠だ。ビーツ、コリンキー、紫キャベツ、レタスなどの野菜をベースに、えだまめ、黒大豆、カッテージチーズ、テンペなどが脇を固める。普段はなかなか食べる機会のない食材も多く、思わずワクワクしながら、さっそく箸でいただく。ビーツは見た目に反してクセは全くない。大根のようにみずみずしく、甘みも強い。スライスされた黄色い野菜は、コリンキー。カボチャの一種で、生食で食べてもカボチャ本来のコクがしっかりしていた。人参も香り高く、新鮮さを感じさせた。ゴリゴリザクザクと歯ごたえがある。根菜や緑黄色野菜などの栄養を噛み締めている実感がわく。

濃厚な味わいの中で、ときどきナッツが香ばしく弾ける。食材がこれだけ個性派ばかりなのになぜか調和が取れているのは、ドレッシングにすりおろし野菜が入っているためか。最後にテンペをデザート感覚でいただき完食。よく噛んだためか、野菜中心でありながら、申し分ない充足感だった。

 

真紅のスーパーフード、ビーツ。働く人に嬉しい栄養素が満載DSC_0342 (1)

滴るような赤が印象的なビーツ。ボルシチなどで食べたことがある人も多いのではないだろうか。実はこのビーツ、スーパーフードと呼ばれるほど栄養が豊富。それも、何かと忙しいビジネスマンに嬉しい効果ばかりなのだ。むくみや高血圧予防になるカリウム。パントテン酸は、血液中のコレステロール増加を防ぐHDLを増やしてくれる。腸内環境を整える食物繊維やビートオリゴ糖、心臓保護作用があるベタインなど数え上げたらキリがない。健康な人14名 (18~45歳、イギリス) を対象に、ビート根部のジュースを500 mL摂取する試験をしたところ、摂取3時間後に収縮期および拡張期血圧の降下がみられたという(わかさ生活HPより)。つまり、高血圧予防効果が期待できるということ。ボルシチはスーパーにいつでも並んでいる食材ではないかもしれないが、もし出会ったらぜひ手にとって見てほしい。

 

【店舗プロフィール】
店名:チャヤマクロビ ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留店
電話:03-3573-3616
住所:東京都港区東新橋1-6-3 ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留 1F
今回のメニュー: 農園野菜とスーパーフードの15品目サラダ 自然栽培すりおろしドレッシング 950円

 

【本記事に関するご注意】
・メニューは仕入れ状況や季節によって、予告なく変更、提供中止されることがあります。あらかじめご注意ください。
・予測カロリーは、編集部が文部科学省「食品成分データベース」を参考に算出したものであり、あくまで予測値となり実態と異なる可能性があります。また、同データベースに掲載されていない食材や測定不能な調味料などのカロリーについては、近似する食材のカロリーを参考に、公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション監修の下で予測算出しております。メニュー提供店舗が公開しているものではありません。
・本記事の内容はすべてThe BORDERLESS編集部の取材に基づくものであり、メニュー提供店舗が一切の責任を負うものではありません。
監修:公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション

 

 

ヘルめし編集部

ヘルめし編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう