TOPへ
November 27 2018 By ヘルめし編集部

【予測カロリー350kcal】大満足。海老と帆立のドリア+野菜満載サラダバー

DSC_0973

フォルクス新橋店は新橋駅から徒歩7分、西新橋交差点にある。ランチ時にはしばしば階段の下まで行列ができる人気店だ。売りはなんと言っても肉料理、と言いたいところだが、今回は種類豊かなサラダバーに注目。かロリーに配慮したメニューも用意されている。

野菜の種類が群を抜くサラダバー。海老・帆立のドリアも美味

DSC_0984

※「現在はミニトマトの品種がグレープトマトに変更」

DSC_0993

新橋エリアで働いている方は、お馴染みの方も多いかもしれない。フォルクス新橋店、ステーキやハンバーグなど肉料理が看板のお店だ。サラダバー・スープバーといったおかわり自由メニューも豊富で、健康に配慮するビジネスマンの心強い味方。実は肉料理以外でも注目のメニューは多く、しかもメニュー表には料理とカロリーが表記されている。今回はカロリー控えめなLight Meal Lunchの中から「ドリアランチ」をチョイスした(なのでライスは遠慮した)。

早速サラダバーに向かうと、淡色野菜・緑黄色野菜・根菜がところ狭しと並んでいる。さらに豆類、フルーツまでが揃っており、壮観。これは新橋界隈でも指折りの品揃えではないだろうか。サラダ以外にもスープ、パン、ライスが好きなだけ食べられる。軽く済ますか、ガッツリいくか。その日の気分でいかようにも選択できるのが嬉しい。メインとなるドリアも海老と帆立の出汁がよく効いており、淡白なサラダとの相性が良い。ライスがベチャベチャしておらず、ご飯をいただいている実感を楽しめた。昼時になると店先に行列ができる人気店なのも納得だ。

 

 

栄養価では大小逆転。トマトより栄養豊富なミニトマト。

DSC_0985

※「現在はミニトマトの品種がグレープトマトに変更

サラダバーでは定番のミニトマト。栄養と彩りの両面から、ついつい手が伸びてしまう緑黄色野菜だ。実はこのミニトマト、特別な品種があるわけではなく、果実が20〜30グラムほどのトマトのことを指す。しかし、驚くことに普通サイズのトマトよりも栄養価が高いのだという。トマトといえば、リコピン。抗酸化作用が強くガンや生活習慣病の予防効果が高いことで有名だが、ミニトマトの方が100グラム中の量が多い。ビタミンB群、ビタミンC、カリウム、食物繊維なども約1.5~2倍という。

しかもトマトは甘みがサイズと関係しており、小さいほど甘い。つまりミニトマトの方が甘い、ということになる。まぁカロリーもそのぶん高くはなるのだが、そこは所詮野菜のカロリー。気にするまでもないだろう。意外や意外、ミニトマトは栄養面ではまったくミニではなかったのだ。

 

【店舗プロフィール】

店名:フォルクス新橋店
電話:03-3501-7979
住所:東京都港区新橋1-18-21 第一日比谷ビル2F
今回のメニュー: Light meal Lunch〈ドリアランチ サラダバー・スープバー・ライス付〉 980円(税別)

【本記事に関するご注意】
・メニューは仕入れ状況や季節によって、予告なく変更、提供中止されることがあります。あらかじめご注意ください。
・予測カロリーは、編集部が文部科学省「食品成分データベース」を参考に算出したものであり、あくまで予測値となり実態と異なる可能性があります。また、同データベースに掲載されていない食材や測定不能な調味料などのカロリーについては、近似する食材のカロリーを参考に、公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション監修の下で予測算出しております。メニュー提供店舗が公開しているものではありません。
・本記事の内容はすべてThe BORDERLESS編集部の取材に基づくものであり、メニュー提供店舗が一切の責任を負うものではありません。
監修:公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション

ヘルめし編集部

ヘルめし編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう