TOPへ
December 17 2018 By ヘルめし編集部

【予測カロリー657kcal】ホテルの落ち着いた雰囲気で楽しむ、サラダビュッフェランチ

DSC_1589

JR新橋駅から徒歩7分、日比谷シティホテルの4階にあるお店パーシェ。落ち着いた雰囲気の中で、サラダを思う存分楽しめるランチをご紹介する。

生野菜だけじゃない。主食、惣菜、汁物などバランスよくラインナップ。

DSC_1606

お店を訪れると、まず大きなテーブルとコーナーカウンタが目に飛び込んでくる。そこに20種類以上の生野菜、惣菜、主食・スープ、フルーツがズラリ。野菜だけでも、淡色・緑黄色・根菜がきちんと揃っており、充実感がある。さすがホテルのレストラン、ラインナップにこだわりを感じた。

パーシェのランチは、主菜を一品選ぶスタイル。今回は「茹で鶏のネギソース」をセレクトした。“茹で”というところが、カロリーを気にする者としてはありがたい。肉はプルプルと柔らかくジューシーなもも肉。野菜をたっぷり食べた後でも、ペロリと平らげることができた。ビジネスホテル内のレストランなのでオジサマばかりかと思いきや、この日は女性客も多かった。店を出る時には、順番待ちの列も。西新橋の隠れたランチ人気店、訪れる際は早めをオススメする。

さやいんげんは緑黄色野菜。オールラウンダー的な栄養バランスの良さ。

DSC_1603

冷凍物は料理に使いやすく、生は値段が高くなるぶん上手に茹でると、とっても美味しくなるさやいんげん。カロリーは100gで23kcal。骨生成を助けるビタミンKと、貧血を予防するモリブデンの成分が高く含まれる。ビタミンKの含有量は100g中67.5μg。おひたしやあえ物で40g(小鉢サイズ)くらい食べれば、成人1日あたりの目標摂取量17μgを摂れることになる。

浅学ながら豆類かと思い込んでいたが、実は緑黄色野菜。よってβカロチンも多く含む。体内で必要な分だけビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を健やかに保ってくれる。油と一緒にとると吸収率が上がるので、炒め物や胡麻和えにするのは理にかなっているというわけだ。

他にも、むくみや高血圧の予防をするカリウムをはじめとした各種ミネラル、葉酸、ビタミンB群・Cといったビタミン、食物繊維などなども含まれ、オールラウンダー的に幅広く栄養を含んでいる。いろいろな料理の名脇役として出番の多いさやいんげんだが、栄養の面から言っても組み合わせやすい食材なのだ。

【店舗プロフィール】
店名:レストラン パーシェ
電話:050-5823-9986
住所:東京都港区西新橋2-8-10日比谷シティホテル4階
今回のメニュー: サラダビュッフェ + メインプレート 1000円

【本記事に関するご注意】
・メニューは仕入れ状況や季節によって、予告なく変更、提供中止されることがあります。あらかじめご注意ください。
・予測カロリーは、編集部が文部科学省「食品成分データベース」を参考に算出したものであり、あくまで予測値となり実態と異なる可能性があります。また、同データベースに掲載されていない食材や測定不能な調味料などのカロリーについては、近似する食材のカロリーを参考に、公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション監修の下で予測算出しております。メニュー提供店舗が公開しているものではありません。
・本記事の内容はすべてThe BORDERLESS編集部の取材に基づくものであり、メニュー提供店舗が一切の責任を負うものではありません。
監修:公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション

ヘルめし編集部

ヘルめし編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう