TOPへ
December 25 2018 By ヘルめし編集部

【予測カロリー398kcal】野菜が主役なのに、ご飯が進む!八百屋さんのヘルシー弁当

DSC_1622

今回ご紹介するのは、旬八青果店西新橋店がランチタイムに出しているヘルシーなお弁当。これが驚くほど味わいが濃厚。「夜飲み会があるから」と男性の購入率も結構高いのだとか。八百屋さんならではの野菜使いを一度体験してみて欲しい。

余計な味付け一切不要。お弁当の主役を張れる野菜の濃厚な味わい。

DSC_1625

旬八青果店西新橋店の「ヘルシー弁当」は、日毎の新鮮な野菜を使って作られるお弁当。この日は8種類ほど使われていた。そして、いずれもゴロゴロと大振り。まさに八百屋さんらしい、野菜を楽しむためのお弁当だ。調理方法と味付けはいたってシンプル。塩味は隠し味程度、薄〜く油をまとっているだけで調味料をほとんど感じない。すべての野菜の味が濃厚なので、余計な味付けが不要なのだ。またその濃厚さゆえ、甘みの違いを楽しむことができる。とろり、ホクホク、シャキシャキ、ポリポリ。多彩な食感もこのお弁当の魅力だ。しかも、れんこん以外は基本的に皮ごと。味も栄養も皮ごと使うのが正解、という野菜は多い。さすが野菜のプロだ。ご飯は雑穀米、のっているお肉は胸肉。いずれも淡白な味わいながら、野菜で味わいが深くなり、どんどん箸が進んだ。さすがの一言につきる野菜のポテンシャルの引き出し方。その名の通りヘルシーなお弁当だった。

健康成分が盛りだくさん。でも、意外と高カロリーなれんこん。

DSC_1642

煮物や炒め物、チップスなどで食べる機会の多いれんこん。免疫力向上・美容効果のあるカリウムや、炎症抑制・止血作用のあるタンニンなどのポリフェノール、ネバネバ成分で胃の粘膜を保護するムチンなど、健康によい成分が多く含まれていている。また、れんこんはビタミンCが豊富。一般的にはビタミンCは熱を加えると壊れやすいが、れんこんのビタミンCはでんぷんに守られているので、加熱しても壊れにくい。逆にいえば、それだけデンプン=糖質が多い、ということでもある。意外にも、分類法によっては芋類と同類になるほどカロリー高めなのだ。それを利用して生ですりおろし団子状にしたり、小判型にして揚げたり、焼いたりする料理もあるほど。ビタミンCをはじめ、ミネラルや食物繊維が豊富だからダイエット向き!と思いきや、食べ過ぎには注意したい野菜なのである。

【店舗プロフィール】
店名:旬八青果店西新橋店
電話:03-6273-3339
住所:東京都港区西新橋1-10-1 正直屋ビル1F
今回のメニュー: ヘルシー弁当 550円

【本記事に関するご注意】
・メニューは仕入れ状況や季節によって、予告なく変更、提供中止されることがあります。あらかじめご注意ください。
・予測カロリーは、編集部が文部科学省「食品成分データベース」を参考に算出したものであり、あくまで予測値となり実態と異なる可能性があります。また、同データベースに掲載されていない食材や測定不能な調味料などのカロリーについては、近似する食材のカロリーを参考に、公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション監修の下で予測算出しております。メニュー提供店舗が公開しているものではありません。
・本記事の内容はすべてThe BORDERLESS編集部の取材に基づくものであり、メニュー提供店舗が一切の責任を負うものではありません。
監修:公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション

ヘルめし編集部

ヘルめし編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう