TOPへ
January 25 2019 By ヘルめし編集部

【公式カロリー385kcal〜】野菜をたっぷりと!ふわ玉サラダうどん(小)。

新橋・汐留エリアのヘルシーなランチ、お昼ご飯を紹介する連載企画「ヘルめし」

DSC_1899

麺類が食べたい時、サラダと組み合わせたメニューが、意外と少ない気がする。「ラーメンやパスタは塩分やカロリーが気になる・・・」という方には、はなまるうどんの「ふわ玉サラダうどん」がオススメだ。

ごぼうと玉子が絶妙。うどん本来の美味しさを残しながら、野菜もたっぷりと。

DSC_1905 (1)

この「ふわ玉サラダうどん」、ご覧の通りうどんが隠れるほど野菜が載っている。レタスを筆頭に、オクラ、にんじん、大根などがたっぷり。“小”サイズでこのボリュームは、野菜をきちんと摂りたい人には嬉しい限りだ。野菜とうどんで淡白な味わいかと思いきや、ごぼうフライのコクとふわふわ玉子の甘みで舌が退屈しない。言うまでもなく、どちらもうどんの具としては定番。うどん本来の美味しさもきちんと計算されていた。生野菜を載せただけにとどまらない、サラダとうどんの新しいハイブリッドと言えよう。

今回はドレッシングに「生姜と玉葱」をチョイス。もう一つのドレッシングである焙煎胡麻を選ぶと少しだけカロリーが高くなるだろう。またサイズとして“中”も選ぶことができるし、100円プラスで野菜の増量も可能だ。お好みでいかようにも選べるので、カロリー表記は公式サイトにのっとり「385kcal〜」と表記した。

完全栄養食、たまご。カロリー的には1日3個までが適量。

DSC_1915

身近すぎてあまり気に留める機会はないが、たまごは完全栄養食。食物繊維・ビタミンC以外の全栄養素が含まれ、鉄分・カルシウムなどのミネラル、ビタミンA・B2・B12・Dなどのビタミン類も豊富。とくに人間の体内で合成できない8つの必須アミノ酸のバランスがよく、アミノ酸のバランスを示す「アミノ酸スコア」は最高点の100点。一説でスーパーフードと称されるのも納得だ。

ところでこのたまご、実は一日の摂取制限はないと言う。2015年、厚生労働省による「食事摂取基準」で目標量がなくなった。それまでは“コレステロールが高いから…”と言う理由で設定されていたものの、本来コレステロールは体内で合成できる脂質。食事で摂れる分の影響は少なく、目標量を設定する科学的根拠が乏しいためらしい。しかし、高コレステロール血症と診断されていたり、親が高コレステロール血症だったりする場合は、摂りすぎに注意が必要。ビタミンA(レチノール)は食事摂取基準の耐用上限摂取量がある。カロリー面から考えても、1〜3個程度が適量と言えそう。何もたまごばかりが高コレステロールというわけじゃなし、食事全般を通して配慮が必要ということだろう。

 

【店舗プロフィール】
店名:はなまるうどん 新橋日比谷通り店
電話:03-6205-0870
住所:東京都港区新橋2-12-1 ランディック第3新橋ビル1F
今回のメニュー: ふわ玉サラダうどん(小) 490円

【本記事に関するご注意】
・メニューは仕入れ状況や季節によって、予告なく変更、提供中止されることがあります。あらかじめご注意ください。
・予測カロリーは、編集部が文部科学省「食品成分データベース」を参考に算出したものであり、あくまで予測値となり実態と異なる可能性があります。また、同データベースに掲載されていない食材や測定不能な調味料などのカロリーについては、近似する食材のカロリーを参考に、公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション監修の下で予測算出しております。メニュー提供店舗が公開しているものではありません。
・本記事の内容はすべてThe BORDERLESS編集部の取材に基づくものであり、メニュー提供店舗が一切の責任を負うものではありません。
監修:公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション

ヘルめし編集部

ヘルめし編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう