TOPへ
January 09 2019 By ヘルめし編集部

【公式カロリー281kcal】忙しい時の切り札、サンドイッチ!バクッと頬張るベジー&チーズ(レギュラー)。

DSC_2350

移動で時間がない、デスクワークをしながらランチをすませたい。そんなビジネスマンにとって、野菜も摂れるサンドイッチほど合理的なメニューはないのではないだろうか。ということで、今回はサブウェイ カレッタ汐留店をご紹介。忙しいときの心強い味方だ。

ドレッシングまで野菜。シンプルだからこそ深まるナチュラルチーズの味わい。

DSC_2333 (1)

今回オーダーしたのは、ベジー&チーズのレギュラーサイズ。今回はアレンジを加えず、あえて「おまかせ」で注文した。なぜならベジー&チーズは、レタス、トマト、たまねぎ、ピーマンなどの野菜とナチュラルチーズのシンプルなサンドイッチ。それぞれの素材の量が重要になる。大盛り大好きな小生ではロクなことにならないと判断した。そしてこれが功を奏した。

サブウェイのサンドは大きい。必然的にモグモグと咀嚼することになる。この時、野菜、チーズ、ドレッシングのバランスが良いと「噛めば噛むほどどんどん美味しくなる」「よく噛むので満腹感が高まる」という効果につながる。フレッシュな野菜にチーズの酸味とコクがマッチしているのはもちろんのこと、味わいに次の展開を生むのだ。その点、今回はまさに絶妙なバランス、色味の美しさがそれを物語っていた。言わずもがな、一気に完食。後日、公式サイト(https://www.subway.co.jp)で確認すると、ドレッシングは「野菜クリーミードレッシング」と、ここまで野菜。やはりサブウェイは、健康を気にする者の心強い味方だった。

チーズの脂肪は太りにくい。効率的なカルシウム摂取にも。

DSC_2355

ナチュラルチーズにはさまざまな種類があり、栄養成分も異なる。共通しているのは、皮膚や粘膜を守り免疫力向上も期待できるビタミンA、脂肪燃焼や疲労回復に役立つビタミンB2など、ビタミンが豊富であること。白い肉と呼ばれるほど、たんぱく質が豊富であること。そして、鉄、ナトリウム、カリウムなどのミネラルも多いこと。特にカルシウムの吸収率がよく、小魚が苦手な子どもや、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう人にはうってつけのカルシウム摂取源と言える。

もともと牛乳だけあって脂質も高いが、乳脂肪は消化しやすい脂肪酸から成っている、いわば“燃焼型”の脂肪。チーズ中の多量のカルシウムは脂肪代謝も盛んにするため、毎日チーズを30g程度食べると太りにくい体質になる、という研究結果も。一部のチーズは塩分が多いものもあるので、料理に使うときは素材の味を生かして食べるのをオススメする。。

【店舗プロフィール】
店名:サブウェイ カレッタ汐留店
電話:03-6252-4655
住所:東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留B2F
今回のメニュー: ベジー&チーズ(レギュラー) 340円

【本記事に関するご注意】
・メニューは仕入れ状況や季節によって、予告なく変更、提供中止されることがあります。あらかじめご注意ください。
・予測カロリーは、編集部が文部科学省「食品成分データベース」を参考に算出したものであり、あくまで予測値となり実態と異なる可能性があります。また、同データベースに掲載されていない食材や測定不能な調味料などのカロリーについては、近似する食材のカロリーを参考に、公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション監修の下で予測算出しております。メニュー提供店舗が公開しているものではありません。
・本記事の内容はすべてThe BORDERLESS編集部の取材に基づくものであり、メニュー提供店舗が一切の責任を負うものではありません。
監修:公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション

ヘルめし編集部

ヘルめし編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう