TOPへ
January 30 2019 By ヘルめし編集部

【公式カロリー284kcal】20品目摂れる!ローストビーフと国産ケールのサラダ

DSC_2918※カロリー表記はドレッシングを含む

今回ご紹介するのは、ジョナサン新橋西口通り店の「ローストビーフと国産ケールのパワーサラダ」。野菜をたっぷり摂れるだけでなく、ローストビーフとクランベリーの組み合わせも美味しい技ありメニューだ。

国産ケールがパリッパリ。ローストビーフとクランベリーの相性も抜群。

DSC_2935

「ローストビーフと国産ケールのパワーサラダ」は190gの野菜がのった、ボリュームたっぷりの一皿だ。素材は変わることもあるが、ケール、かぼちゃ、ブロッコリー、トマト、ミックスビーンズ、モッツァレラチーズなど20品目をミックスしている。ドレッシングはレモン風味やシーザーなど5種類から選べるが、今回は「北海道産とうもろこし(ノンオイル)シールド乳酸菌in」をチョイスした。一口頬張ると、ケールがパリッパリ。みずみずしくて張りがあり、栄養をいただいている実感が湧いてくる。国産ということで、苦味もまったくない。

これだけ野菜山盛りなのにとても食べやすいのは、キウイとクランベリーが全体をフルーティな印象にしているから。そしてこのクランベリーがローストビーフと相性抜群なのだ。ほどよい甘みと酸味が肉の味わいを引き立てており、サラダでありながらランチの主役に仕立て上げている。大ぶりのブロッコリーやかぼちゃで食べ応えもバッチリ。メニュー表や公式サイトでは「2〜3名分」と記載されているが、一人でもペロリと美味しく食べられるメニューだった。店頭ではランチメニューではなくグランドメニューに記載されているのでご注意を。

野菜の王様・ケールは栄養のカタマリ。強い骨づくりにも一役。

DSC_2955

青汁の原料として苦味の少ないケールは、緑黄色野菜。アメリカなどではスーパーフードとして定着している。含まれている栄養素は、カリウム、モリブデンなどのミネラルや、βカロテン、ビタミンE、ビタミンCなどのビタミン、食物繊維、たんぱく質、さらには体内では生成されない必須アミノ酸など多岐にわたる。他の緑黄色野菜と比較して群を抜いている栄養素が多く、野菜の王様と称されるのも納得だ。さらに骨や歯を形成するカルシウムも含まれ、牛乳と同等以上の吸収率、という研究結果も(ファンケル研究開発公式HP https://www.fancl.jp/laboratory/report/07.html)。

ただし、含まれているビタミンKは血栓症などの抗凝固剤の効果を減弱させる場合があるので、服用中の方の摂取は注意が必要。とは言え乳製品の脂質やカロリーを気にする人は、ケールで骨強化という手も今後期待できそうだ。

【店舗プロフィール】
店名:ジョナサン 新橋西口通り店
電話:03-3502-5031
住所:東京都港区新橋2丁目15−17
今回のメニュー:ローストビーフと国産ケールのパワーサラダ 899円(税別)

【本記事に関するご注意】
・メニューは仕入れ状況や季節によって、予告なく変更、提供中止されることがあります。あらかじめご注意ください。
・予測カロリーは、編集部が文部科学省「食品成分データベース」を参考に算出したものであり、あくまで予測値となり実態と異なる可能性があります。また、同データベースに掲載されていない食材や測定不能な調味料などのカロリーについては、近似する食材のカロリーを参考に、公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション監修の下で予測算出しております。メニュー提供店舗が公開しているものではありません。
・本記事の内容はすべてThe BORDERLESS編集部の取材に基づくものであり、メニュー提供店舗が一切の責任を負うものではありません。
監修:公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション

ヘルめし編集部

ヘルめし編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう