TOPへ
February 08 2019 By ヘルめし編集部

【予測カロリー750kcal】たまにはガッツリ!芳ばしい香りが食欲をそそる和の定食、鶏焼御膳(ご飯少なめ)

新橋・汐留エリアのヘルシーなランチ、お昼ご飯を紹介する連載企画「ヘルめし」

DSC_3032

今回ご紹介するのは、新潟の酒処 越州 新橋店の「鶏焼御膳」。タレ味で香ばしく焼き上げられた鶏焼と、多彩な食材を楽しめる和の定食だ。

食材も味も多種多彩。こんがり鶏焼でエネルギーチャージもバッチリ。

DSC_3038

実はこの「新潟の酒処 越州 新橋店」は、酒蔵直営。夜は美味しい日本酒と一緒にディナーを楽しめる、ちょっと大人な雰囲気のお店だ。新潟の郷土料理や季節の旬の食材を提供しており、ランチの味も折り紙つき。今回は午後からのハードワークに備えて、「鶏焼御膳」をガッツリといただいた。

出てきた瞬間に目を見張るのは、その色鮮やかさ。いろいろな食材が使われていることが一目瞭然で、栄養面だけでなく目にも嬉しい。メインとなる鶏焼は、焼き上がりの香りが芳しい。タレでしっかりと味がついており、とてもご飯が進む。生野菜がふんだんに盛られているため写真ではわかりづらいが、ボリュームもバッチリだ。

一方の小鉢たちは、調和を取るように優しい味付け。内容は日によっても異なるが、この日はごぼうとホウレン草の白和え、茄子の煮浸し、にんじんとたまごの和え物、里芋の煮物などが揃っていた。それぞれ素材の味が引き立っており、滋味にあふれた味わいだった。和食、それも定食の良いところは、いろいろな食材をいろいろな調理法で楽しめること。その醍醐味を存分に楽しめるメニューだった。

「ぬめり」に秘密あり。カリウム豊富な里芋。

DSC_3039

じゃがいもやサツマイモと比べ、煮物専門の感がある里芋。しかし栄養では決して引けを取らない。里芋といえばあのぬめりだが、その正体はガラクタン(炭水化物とタンパク質の複合体)と粘液糖タンパク質の混合物によるもの。ガラクタンには、コレステロールの吸収を阻害して血中コレステロールを下げたり、血圧の上昇を防いで動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞を予防したり、腸の働きを整える効果がある。さらに、血糖値の上昇を緩やかにする効果も期待できるという。一方の粘液糖タンパク質の混合物も、粘膜保護、便秘予防などが期待できる。実は現代人には嬉しい芋なのだ。

カリウムも豊富で、摂りすぎた塩分を排出してくれる(腎機能障害などでカリウム制限がある人は適量厳守で!)。芋なので炭水化物も含まれているが、じゃがいもやサツマイモなど他の芋類に比べると含有量は少なめ。炭水化物はとても重要な栄養なので、きちんと摂りたいところだが、どうしてもカロリーが気になるという人は、ふだんの料理をじゃがいも・さつまいもから里芋に切り替える、というのも一つの手かもしれない。値段も弾むしちょっと手間もかかるが、そのぶんいつもと一味違う一品になるだろう。

【店舗プロフィール】
店名:新潟の酒処 越州 新橋店
電話:03-3597-8960
住所:東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル2F
今回のメニュー: 鶏焼御膳 1080円

【本記事に関するご注意】
・メニューは仕入れ状況や季節によって、予告なく変更、提供中止されることがあります。あらかじめご注意ください。
・予測カロリーは、編集部が文部科学省「食品成分データベース」を参考に算出したものであり、あくまで予測値となり実態と異なる可能性があります。また、同データベースに掲載されていない食材や測定不能な調味料などのカロリーについては、近似する食材のカロリーを参考に、公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション監修の下で予測算出しております。メニュー提供店舗が公開しているものではありません。
・本記事の内容はすべてThe BORDERLESS編集部の取材に基づくものであり、メニュー提供店舗が一切の責任を負うものではありません。
監修:公益社団法人東京都栄養士会栄養ケア・ステーション

ヘルめし編集部

ヘルめし編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう